会陰マッサージ

今日は、母乳外来でお世話になっているクリニックのマザークラス

私の担当は「母乳育児について」

 

もちろん おっぱいのお話は、しっかりさせていただきました。

 

 

 

でも、受講されているのは妊婦さん

おっぱいのお話だけでは、終わりません。

 

妊娠中のからだづくりが、いかに大切か

そんなお話も、しっかりさせていただきます。

 

産後、さっそく始まる母乳育児のためにも

本当に大切なことなのです。

 

おっぱいは、からだの一部ですから

おっぱいだけ切り離して考えられないんです。

 

産後、はじめてお会いするお母さんの

授乳ポジションをご指導する際

本当に、お身体ではお産は大変だっただろうな・・・と

容易に想像できる方も多い。

 

お産どうでしたか?と、お尋ねすると

お産の大変さより何より、分娩台に脚を上げていることのほうが

苦痛で苦痛で・・・と、おっしゃる。

 

そうおっしゃるのも納得できる位、股関節が開かない。

これでは会陰だって伸展できません。

じっくり伸びることなく

会陰がまだ厚いまま赤ちゃんが出てくれば

裂傷は免れないし、

裂傷の度合いも重症です。

 

お母さんがつらいだけではなく

赤ちゃんだって、頑張って骨盤の中を

出口に向かって降りてきたのに

肝心な出口が、厚い壁で妨げられていたのでは

たまったものではないし

命の危険さえあります。

 

からだづくりが大切なわけは

何も会陰のことだけではないですでが。

 

では、具体的にどんなことをすればいいのか・・

 

「母乳育児について」のマザークラスの枠では

お伝えできませんので

ご要望にお答えして(笑)

サボっていたプレママクラスを急遽、開催いたします。

 

日程・会場など詳細は

決まり次第お知らせいたしますね。



なんだか・・・

本当に最近思うのです。。

 

お一人お一人に、ゆっくり関わることは

とってもとっても大切なことなのですが

最近、それだけでは追いつかない!

そんなジレンマを感じることが多くあります。

 

 

 

 

 

 

大切な命を守り、育む力を育てるためには

お母さん方に、もっともっと知っていて欲しいことが

ほんとうに沢山あるのです。

 

そんな思いが、私のなかから溢れてきていて。。

そんな時期です。

 

 

 

 

扉を開けよう。。。